経営者のためのITマネジメントは、ITを継続的に活用し、企業が成長していくための成長ドライバーとなるように、IT、IT担当、IT組織を取り巻く内部環境、外部環境に対し、経営者が適切にマネジメントをしていくスキルになります。

ITマネジメントのキャリアパス

ITに強い経営者は、自らがIT担当であったり、ITリーダーやプロジェクトマネージャーであったり、CIOの立場でITの推進に取り組むことができます。

そのため、ITの適切な導入や活用にも優れた成果を発揮して成長をしていくことができますが、ITが苦手な経営者にとっては、同じようなスタイルで進めることは困難です。

しかし、ITベンダーやIT担当者に丸投げをしてしまうと、そのIT導入は失敗してしまうリスクが非常に高くなります。

そこで当事務所では、ITに苦手な経営者が、ITマネジメントを習得しやすい、キャリアパスを開発致しました。

このキャリアパスを活用して、社内のIT人材とともに経営者が成長し、自立ができる体制を支援するコンサルティングを行っています。

以下の図は、当事務所が進めるキャリアパスのイメージ図です。

ITマネジメントのキャリアパス

ITマネジメントのお勧め記事

ITマネジメントのお勧め記事はいかの通りです。

詳細のお勧め記事はさらに下に掲載していますのでご参照ください。

ITマネジメントとは

経営者のITマネジメントは、適切なITを適切な時期に導入し、企業の成長とともに継続的に活用していくための必須のスキルです。

ITマネジメントの必要性

ITマネジメントは、自社にITが継続的に導入、更新され自社のビジネスを成長させる翼のような役割とするために必要なスキルです。
・・・

ITマネジメントのメリット

(準備中)
・・・

ITマネジメントの進め方

(準備中)
・・・

ITマネジメントの課題
    

(準備中)
・・・

ITマネジメントの全体構成

竜に翼経営のコンセプト

ITマネジメントは、竜に翼経営のコンセプトである、「天翔けるためのITという翼」と「小さくとも竜のような強い組織」が該当します。

それぞれに詳しい解説をしていますので、以下の項目をクリックしてご確認下さい。

ITスキル

必要なITスキルは、経営者、CIO、プロジェクトマネージャー、ITリーダーなど、立場によって求められるITスキルが異なります。
また、IT企業とユーザー企業でも求められるITスキルは異なります。まずは、IT人材が少ない、あるいはこれからIT人材を育成していく経営者に必要なITスキルをご紹介します。

ITベンダー
マネジメント

ITを導入するときや、ソフトウェアを開発するときには、必要なITをITベンダーから調達をすることになります。ITは調達の検討から、導入後の保守まで、長期間にわたり、ITベンダーとお付き合いをすることから、経営者にとってITベンダーとのマネジメントは大事なスキルになります。
  

IT
プロジェクト
マネジメント

ITプロジェクトマネジメントは、簡単なIT導入のようなものであれば必要としませんが、会社の重要なITを導入していく場合には必須のスキルになります。







ITプロセス
マネジメント

重要なITシステムの導入を検討するときに、ITプロセスを検討しないままITシステムを構築してしまうと、どのような不都合が発生するのでしょうか。そもそも重要なITシステムを導入しようと検討することになった原因はなんでしょうか。
  

IT組織
マネジメント

ITの組織は企業の情報システム室をイメージするとわかりやすいでしょう。情報システム室は社内の別部署をユーザーと呼んでいます。同じ社内でありながら、社内の別の部署の人や別の部署が利用するシステムなどに貢献することが多いからです。

IT人材
マネジメント

ITの活用はどの企業においても必須の状況になってきていますが、どのITを選択するのが良いか、ITの導入と実際の業務への適合、ITの従業員への教育、ITの問合せ対応、ITのトラブル対応など、内部のIT人材も必須の状況になってきています。
  

ITマネジメントの記事一覧

  • ITマネジメントの必要性
    ITマネジメントは、自社にITが継続的に導入、更新され自社のビジネスを成長させる翼のような役割とするために必要なスキルです。特に自社で自律的にITを導入して活用をしていくためには、ITベン
  • 経営者のITマネジメントとは
    経営者のITマネジメントは、適切なITを適切な時期に導入し、企業の成長とともに継続的に活用していくための必須のスキルです。 ところがいままで経営者に向けたITマネジメントスキルとして整理さ
  • チャンスの神様には前髪しかないって、どうするの?
    良いリスクは好機になりますので、チャンスという意味になりますが、リスクと同じようにそれがいつ来るのかわからないというのが特徴です。 以前のコラムで、海外のリスクの考え方には良いリスクと悪い
  • 経営者のIT活用能力と重要なプロジェクトマネジメントのスキル
    経営者のIT活用能力という言葉を聞かれたことはありますか。IT活用能力は社員の場合は、実際にITを操作したり、ITを利用して業務を行ったりというITリテラシーという言葉が良く使われます。そ
  • 気軽に相談できるIT参謀のような専門家はいますか?
    1.ITの相談先 ITに対して時間をかけて少しずつ詳しくなっていくことも重要ですが、ITの技術は変化も早いし、ITの種類も多いため、ITが苦手な方にとっては、この取り組み自体が大変になりま
  • デジタル・トランスフォーメーション(DX)の推進は、PDCAサイクルの延長では困難
    1.改善活動 日々の改善活動は、毎日の業務の中から問題点や課題を見つけ出して、ひとつずつ改善を積み重ねることで、長期的には大きな成果につなげることを目的としています。 つまり改善活動の改善
  • 鳥の目、虫の目、魚の目って、どんな目?
    1.経営者の視点 経営的な課題や全体の課題を検討する場合は、全体的な視点で検討をすることが多いと思いますが、課題が現場に埋もれている場合や、広範囲にわたる場合は、どのような視点で課題の対応
  • 今の売上が、10倍にできるって本当ですか?
    1.売上10倍とは それでは、いまお聞きしたことを別の視点での聞き方に変えてお尋ねします。 毎年、売上が前年比130%の実績を続けていくとしたら、どのような対処をされますか? このような目
  • ITは順次導入をしているが、なかなか成果が出ない
    ITを積極的に導入しており、ITの利便性は感じるものの、ITの成果が本当にでているのかはよくわからないという経営者の方の声をよくお聞きします。また導入しているITを調べてみると思ったよりI
  • IT導入のどこから手をつければよいかわからない
    1.ITの分類 ITになじみのない経営者の方はどうしてもITをひとくくりにして見てしまいがちです。 ところがITをひとくくりにして見てしまうと、かえってITが分かりにくくなってしまいますの
  • IT経営の壁と全体最適の推進に向けて
    IT経営という言葉が使われだしてから、ずいぶん時間が経過していますし、IT経営という言葉自体は中小企業白書の中でも多く使われていますので、皆様の中でIT経営という言葉の認知度は高くなってい