当事務所のサービスの特徴

当事務所のサービスは、経営者または経営幹部のみなさまに、IT活用を成功に導くためのITマネジメントを中心に支援を行うパートナー型のコンサルティングサービスです。

経営者がITマネジメントのスキルを向上していくことは、ITの導入のみならず、IT人材やIT組織の成長においても大変重要であると考えています。

しかし、ITマネジメントスキルを向上するためには、ITスキルが必須という前提があると経営者にとっては、非常に高いハードルとなる場合があります。

そこで当事務所が開発したN-Proメソッドによる新たなキャリアパスを使ってコンサルティングを行いますので、ITが苦手な経営者の方にもITマネジメントが容易に習得しやすくなります。

竜に翼経営コンサルティング

竜に翼経営コンサルティングのイメージ図

ITマネジメントを活用した、フルパッケージのコンサルティングになります。
全体構成は以下の図のイメージでコンサルティングを行います。

詳しくは、竜の翼経営コンサルティングをご覧ください。

CIOパートナーコンサルティング

CIOパートナーコンサルティングの目指す姿

CIOの視点で経営課題やIT課題の解決を支援するパートナー型のコンサルティングになります。
最終的には、企業のIT推進が自立できるようなコンサルティングを目指しています。

詳しくは、CIOパートナーコンサルティングをご覧ください。

会員制 オンラインパートナーサポート

オンラインパートナーサポート

非接触型のオンライン形式のコンサルティングになります。
短時間でリーズナブルなコンサルティングですので、経営やITの最重要課題に絞ってコンサルティングを行います。

詳しくは、会員制オンラインパートナーサポートをご覧ください。

ITマネジメント実践広場のご紹介

ITマネジメント実践広場

中小企業の成長を応援する専用サイト「ITマネジメント実践広場」を運営しています。
経営者のためのITマネジメントに対する有益な情報をお届けします。
定期的にコラムを更新していますので是非ご覧ください。

またコラムの更新のご案内とさらに深い内容をメールマガジンでご案内しています。
是非サイドバーの登録欄からご登録をお願いします。

最新の投稿

  • 自社のIT管理、はじめの一歩
    ITの相談をITの専門家にするときに、自社のITの状況が説明できないと、相談するにもものすごく時間が掛かってしまいます。結局最初の相談にたどり着くまでに状況の把握で疲れてしまうことにもなり
  • ITベンダーの目利きとは?
    中小企業では、ITを導入して、ITを活用を進めていく過程において、ITベンダーの協力が欠かせません。 そのためには良いITベンダーとお付き合いをすることが重要になりますが、ITベンダーを選
  • 経営者なのにITは他力本願ですか?
    経営者は自社の事業の状態や、お金の動きをつぶさに把握して、経営にあたっていると思いますが、ITに対しては丸投げになっている経営者も見受けられます。特にITが苦手な経営者は、ITに関わるだけ
  • データ連携と部門の壁
    システムの導入が増えてくると、データを連携したほうが良いという案がでてきますが、データ連携をするためには、社内の部門間連携が日頃からできているかがカギになります。 目次1.ITシステムの活
  • 売上が10倍になったら利益はどうなるの?
    以前売上が10倍になったらどうしますかという記事を書きましたが、利益については書いていませんでしたので、今回は利益について書いてみます。 目次1.売上が10倍になるとは2.売上が10倍にな
  • 中小企業のベンダーロックインの回避方法
    以前にベンダーロックインのメリットとデメリットについて説明をしましたが、ベンダーロックインの回避方法はないのでしょうか。大規模なシステムでは具体的な回避方法も示されていますので、仮に中小企
  • 1が10に、10が100に成長するとは
    初めてのことを始めるときには、なかなか前に進まないというご経験はありませんか。最初は分からないことだらけなので、進めるのは大変なのですが慣れてくると途中から急に楽になってくるような感じで、
  • 現状業務のスパゲティ状態を紐解くには
    現状業務の洗い出しを始めてみると、業務プロセスが複雑に絡み合ってスパゲティ状態になっていることがあります。特にイレギュラー処理が、適当に行われていると、途中でメモ書きの臨時対応またはプロセ
  • 仕事を細かく分割する力、WBSとは
    ものごとを捉えることは、捉える視点の高さによっていろいろと変わります。今の視点より高い視点で捉えるときには抽象的な表現になります。反対に今より低い視点で捉えるときには具体的な視点になります
  • 小さくとも竜のような強い組織
    竜に翼経営のコンセプトのひとつに、「小さくとも竜のような強い組織」を掲げています。竜に翼経営の「竜」にあたる部分ですが、小さな組織が徐々に大きくなっていくときの過程の課題のひとつに、組織が
  • ビジョンが踊り場にきていませんか
    会社も順調に伸びてはきているものの、新しいITを入れて革新を図りたいとか、やってみたいことはいろいろとあるものの、なんだかうまく進まなくなってきているということを感じることはありませんか。
  • 商品は販売の壁になることがある
    「竜に翼経営」のコンセプトのなかに、ITマーケティング戦略の策定と再構築の項目がありますが、ものづくりを専門とする企業が、WEBを活用したマーケティングやサブスクリプションサービスやソフト