ITマネジメントとは、ITを活用して効率の良い経営を行うことで、生産性の向上、業務効率の向上により質の高い経営を目指します。

ITの広い対象範囲とレベル感

ITの範囲は、身近なところでは、電子メール、ホームページ、SNSなど個人から企業まで広く利用されているツールもあれば、経理システム、販売管理システム、生産管理システムなど企業の業務の遂行に重要なシステムもあります。

前者の利用形態は一般的に情報系システムと呼ばれており、利用者の利便性を向上する目的で利用されています。

後者の利用形態は基幹系システムと呼ばれており、企業の生産性の向上、管理や品質の向上を目的として利用されています。

いずれもITの活用という点においてはどちらも重要ですが、導入に至る検討項目、投資額、経営に与える影響は、基幹系の重要なシステムほど導入の難易度が高くなってきます。
またIT経営の観点では、情報系のIT活用はもちろんのこと、基幹系の重要なシステムとも連携して、全社で効率の良い経営を目指すことが重要になります。

このためITマネジメントにおいても、導入レベルや活用レベルのそれぞれの段階で、様々な課題が発生致します。具体的なお悩みの例として以下に挙げるような例をお聞きします。

ITマネジメントでこんな悩みは?

ITマネジメントと一口に言いましても下記のように様々なお悩みがあります。

IT導入のどこから手をつければよいかわからない
ITは順次導入をしているが、なかなか成果が出ない
ITが重荷になってきており、DXへ進むのが困難

IT導入のどこから手をつければよいかわからない

ITを導入したいが、ITに詳しい専門家がいない、IT技術者の採用が困難、IT技術者とのコミュニケーションが困難などが理由で、IT導入がすすまないお悩みはありませんか。
気になる方は、以下のコラムが参考になります。

ITは順次導入をしているが、なかなか成果が出ない

ITを導入しているが、それぞれのITの費用対効果がわからない、ITを入れている割に手作業が減らない、導入しているITが自社に最適化がわからないなどのお悩みはありませんか。
気になる方は、以下のコラムが参考になります。

ITが重荷になってきており、DXへ進むのが困難

ITにかかる運用費用や改修費用が増えてきている、IT内部がブラックボックスでわからない、ベンダーに依存しているため切り替えがすすまないなどのお悩みはございませんか。
気になる方は、以下のコラムが参考になります。

このような課題を少しずつクリアし、小さなステップアップ繰り返すことで、長期的には経営のレベルアップを図ることができます。