自社に適切なITを導入するときや、自社の必要なソフトウェアを開発するときには、必ずと言ってよいほど、ITベンダーを必要とします。

しかしITベンダーは、Sierのようなソリューションを主とするベンダーもいれば、ソフトウェアを開発するシステムベンダーもあります。
WEBの開発専門の会社もあれば、代理店のようにつなぐことが専門の会社もあります。
さらには、メーカー系のベンダーもあれば独立系のベンダーもあります。

このように、複雑で多岐にわたっているITベンダーの中から、適切なベンダーを探し出し、長期的で良好な関係を築いていくためには、ITベンダーマネジメントが必要となります。

経営者が必要とするITベンダーマネジメントについては、以下のコラムを参照してください。

ITベンダーマネジメントのご紹介

ITベンダーマネジメントのお勧め記事は、以下の5記事になります。
個々の記事はその下の一覧からご購読できます。

ITベンダーマネジメントとは

経営者のITベンダーマネジメントは、適切なITを適切な時期に導入し、企業の成長とともに継続的に活用していくための必須のスキルです。
(記事は準備中です。これから順次掲載予定)

ITベンダーマネジメントの必要性

ITに詳しい経営者は、ITの種類が多いこともITベンダーの種類が多いことも熟知していますから、必要なITに対し適切なITベンダーを必要な部分だけ調達して費用対効果の高いIT活用を進めることができます。
・・・

ITベンダーマネジメントのメリット

(準備中)
・・・

ITベンダーマネジメントの進め方

(準備中)
・・・

ITベンダーマネジメントの記事

  • ITベンダーマネジメントのメリット
    重要なITを導入するときには、大きな導入効果も期待できますが、一方で導入に伴うリスクも大きくなります。ITが導入されてもそもそも期待していた成果がでなかったり、ITのシステムが完成しなかっ
  • 経営者のITベンダーマネジメントの必要性
    ITに詳しい経営者は、ITの種類が多いこともITベンダーの種類が多いことも熟知していますから、必要なITに対し適切なITベンダーを必要な部分だけ調達して費用対効果の高いIT活用を進めること
  • 経営者のITベンダーマネジメントとは
    ITを導入するときや、ソフトウェアを開発するときには、必要なITをITベンダーから調達をすることになります。ITは調達の検討から、導入後の保守まで、長期間にわたり、ITベンダーとお付き合い
  • ITベンダーの見積りが、妥当かどうかを判断する方法とは?
    ITベンダーから見積りをとっても、見積もられた金額が妥当かどうかよくわからないという相談があります。この見積もられた金額が妥当かということには、見積もられた金額が適切な価格でしょうかという
  • ITの要求の精度が低いと、見積りのブレ幅がどんどん大きくなる!!
    みなさんはITを導入するときにはベンダーから見積りを取りますが、すべてのITに対して機器を購入するような頼み方で見積りをとっているということはないでしょうか。ITのなかには、みなさんから、
  • ITをどんぶり経営状態にしない
    みなさまはITを、経営を飛躍させる翼のようにしたいと思うかたは多いと思いますが、その一方でITを単なるツール(道具)のように扱っているということはありませんか? 目次1.どんぶり経営2.I
  • 中小企業のベンダーロックインのメリット・デメリット
    企業の情報システムにおいて、ベンダーロックインという言葉をよく聞くことがありますが、どのようなことが問題になっているのでしょうか。今回は、ITベンダーマネジメントの観点からベンダーロックイ
  • IT導入の目的をベンダーと共有し、ITを右腕とするために
    あたりまえのような話ですが、ITベンダーマネジメントができていないと次のようなことがおこります。IT導入を計画して、ベンダーを選定し、実際にITを導入していくまでの過程で、ベンダーと繰り返