SLAとは

SLAはサービス・レベル・アグリーメント(Service Level Agreement)の略で、サービスの品質をどのレベルまで保証するかの意味になります。
利用者とサービス提供者やベンダーとの取り決めとして、合意するものです。

ところが実際には、運用や保守の契約や提供条件は議論されても、SLAが抜けていることがあります。
ベンダーやサービス提供者にとっては、制限がゆるくなりますので、ありがたい話になりますが、利用者にとっては不利になることもありますので、本当に不要かどうかを見極めたほうが良いでしょう。

SLAでよく決められる項目例

では、何を取り決めるかというと、主に以下の項目になります。

  • サービスの提供範囲や保守範囲
  • 品質レベルの数値化
  • いろいろな応答時間
  • メンテナンスの停止時間や時間帯

など、開発や、運用以外で決めておいたほうが良い内容が含まれます。

ネットワークの時代だからこそ重要

特に今はネットワークを利用するシステムが多いため、応答時間は重要になります。
応答時間は、利用者が要求をだしてから、サーバーが受け取り処理をする時間、通信にかかる時間などが複合的に絡んで、結果が画面に表示されます。

例えば、ある商品を検索して、いつも応答に1分かかるとしたら、皆様は利用に耐えることができるでしょうか。
このような場合、原因はサーバーの性能が低い、回線が細い、ソフトの処理が遅いなどが、考えられます。

しかし、応答に時間がかかる要因が特定できないと、解決をすることが困難になりますし、解決に時間がかかってしまいます。

特にSLAに留意したいシステム

しかし、SLAを結んでおくことで、レスポンスタイムを規定内に求めることができます。

内部の詳しいことはサービス提供者やベンダーに任せて、品質が担保できますので、重要なシステムの場合にはぜひ確認することをお勧めします。

トピックスとコラム更新のお知らせをお届けします。ぜひご登録ください。