5Gは携帯電話の移動通信システムの仕組みの名称で、第5世代(5th Generation Mobile Communication System)の仕組みになります。

移動通信は利用者の電話機の仕組みと携帯の電波を受ける基地局や他の通信設備全体が同じ仕組みを使うことによって通信ができるようになるために、利用者が利用する携帯電話の古い仕組みが使われなくなくなるまでは新しい設備と古い設備が混在して使われます。

現在は4Gが主流ですが、これから5Gが主流になっても4Gも併用する期間が相当長く続くことになるでしょう。

目次
1.携帯電話の変遷
2.5Gの特徴
3.まとめ

1.携帯電話の変遷

携帯電話は10年ほどの周期で世代交代が起こっていますが、携帯電話を利用するときにどの仕組みを利用しているかを意識することはほとんどないでしょう。
しかし、携帯電話の世代が変わるごとに、利用者には毎回大きな変化が起こっています。

第3世代は3Gですが、この時の携帯電話はいまではガラケーと呼ばれている時代の携帯電話です。でもこの時も新しい技術により携帯電話でインターネットができるようになりました。写真や音楽が携帯電話で普通に扱えるようになったのもこの世代です。

第4世代は4GよりもLTEと呼ばれることが多いのでLTEという名前が一般的かもしれません。この4Gにはスマートフォンが普及して今ではスマートフォンが仕事や生活の中に入っています。スマートフォンにより、仕事やライフスタイルが変わったという人も多いでしょう。

これくらいの大きな変化が移動通信のシステムが変わることで起こっていますので、5Gが主流になるころには、もっともっと大きな変化が起こってくるのではないでしょうか。

2.5Gの特徴

それでは5Gは私たちにどのような変化が起こってくるのでしょうか。
そのキーワードは5Gの特徴にあります。
5Gには3つの大きな特徴があります。

高速・大容量通信

5Gの最大通信速度は10Gbpsになります。
LTEは1Gbpsでしたので10倍のスピードアップが期待できます。
大容量の通信では詳細な画像やスムースな動画が一般的ですが、複数の動画を同時に扱うことで利便性が大きく向上します。

たとえば遠隔の設備の制御には不安を感じる人も多いと思います。
でも重機を扱う時に危険な場所であれば遠隔にすることで作業者の安全を確保することができます。
また複数の画像を同時に扱えると、複数の目を持つことができますので、一か所から見ているよりも作業を安全に進めることができるようになります。

低遅延・高信頼性

移動通信は通信ケーブルを必要としないで通信ができるという大きなメリットがありますが、一方で通信が不安定になるという点と、通信に遅延が発生するというデメリットがありました。

WIFIやモバイルでPCを利用していると社内で利用するLAN回線のように常に安定した通信ではないと感じた経験はあるでしょう。
同じように通信のやり取りに時間が掛かるという点は、衛星電話では、遅延のために返事が遅れ会話がしづらいという例がわかりやすいでしょう。これがシビアな制御を必要とする設備の場合には大きな影響となってきます。

今後自動運転や重要な設備を安定かつ迅速にコントロールしたい場合に、5Gの低遅延と高い信頼性が注目されています。

事務所がペーパレスと固定LANからの解放で、どこでも好きなデスクを利用できるフリーアドレスが普及してきているのと同じように、5Gを利用することで将来は工場の設備もフリーアドレスのような環境になってくるかもしれません。

多接続

LTEでは10万台/平方kmの接続が可能となっていましたが、5Gでは100万台/平方kmとなり、こちらも10倍の機器の接続が可能となるようになっています。

すでに携帯電話だけであれば今の仕様でもまったく問題は無いように思われますが、これからはIoTのように何でもネットワークにつながる時代となると、5Gの接続数の拡大は今後の利便性の向上において大いに期待できる技術になります。

3.まとめ

3Gで携帯電話を利用していた時代と、4GのLTEでスマートフォンを利用している環境の変化の大きさを考えれば、これから5Gが本格的に普及する2025年以降どんな使われ方をしていくか、大いに期待しても良いでしょう。

ひょっとすると今までの使い方を一新してしまう新たな使い方が普通になってしまうかもしれません。

たとえばパソコンにしてもスマートフォンにしても、今は手を使う必要がありますが、本当に手を使わなくても利用できる時代が来るかもしれませんね。

最後までお読み頂きましてありがとうございます。今回のコラムが皆様の何かのヒントになれば幸いです。

コラム更新のお知らせと、コラムでお伝え出来ないもう少し深い内容をお届けします。
ぜひご登録ください。

ITマネジメント人選広場