SWOT分析とは

SWOT分析は、マーケティング戦略の立案や環境分析を行うためのフレームワークになります。
SWOTは、強み(Strength)、弱み(Weakness)、機会(Opportunity)、脅威(Threat)の4つの項目の頭文字をつなげた言葉です。

SWOT分析は下図の例のように項目を整理します。

自社の内部環境

強みと弱みは自社の内部の状況を示す部分になります。

・強み(Strength)

自社の強い部分になります。強い部分をさらに強くすることができれば、他社との差別化につなげることができます。

・弱み(Weakness)

自社の弱い部分になります。この弱い部分を克服して強みに変えることができれば、会社を強くすることができます。

外部の環境

機会と脅威は外部の環境になります。自社を取り巻く外部の環境を把握することで、マーケット環境に合わせた戦略の立案をすることができるようになります。

・機会(Opportunity)

自社を取り巻く外部の環境の中で、自社のビジネスが拡大したり、新たな市場が期待できたりする良い機会になります。機会に取り組むことで自社の成長が期待できます。

・脅威(Threat)

自社を取り巻く外部の環境の中で、脅威となる部分です。場合によっては自社に脅威となることもありますので、脅威を可視化することで事前に脅威への対策を立案することができます。

自社の内部環境と、外部環境を整理して可視化をすることで、自社の状況と外部の状況を全体で可視化することができ、いろいろな気づきを得ることができます。

トピックスとコラム更新のお知らせをお届けします。ぜひご登録ください。