IPアドレスとは

パソコンやプリンターに無線LANや有線LANを接続すると、メールやインターネットの閲覧などができるようになります。
情報をやり取りするためには、郵便の宛先や差出人の住所のようなものが必要となります。インターネットではこの住所にあたるものをIPアドレスを利用しています。

通常、社内と社外のやり取りでは違うIPアドレスを利用しています。
社外のやり取りでは、グローバルアドレスを利用します。これは世界で固有のIPアドレスを利用します。このIPアドレスは、インターネットを利用している事業者(プロバイダー)から割り当てをされます。
社内のやり取りはプライベートアドレスを利用します。これは社内だけで利用するIPアドレスになります。
社内と社外のやり取りは、このプライべートアドレスとグローバルアドレスを上手に交換しながら、通信を行っています。

IPアドレスの方式

IPアドレスの方式は、従来のIPv4(アイピー・ブイヨン)方式と、新しい方式のIPv6(アイピー・ブイロク)方式の2種類があります。IPv4方式のIPアドレスは32ビットで構成されています。0と1で組み合わされた32桁の数字になります。
ただ32桁では扱いにくいので8桁ずつ4ブロックに分けて、この数字を10進数で表示しています。
プライベートアドレスでよく利用されるIPアドレスの例を示します。

192.168.0.1(イチクニ・イチロクハチ・ゼロテンイチのように呼ぶとオーと言われます)

IPv4のグローバルアドレスが不足してきたことから、新しいIPv6は128桁に拡張されました。
いまは移行段階になりますので、しばらくは併用期間が続くでしょう。

コラム更新のお知らせをお届けします。ぜひご登録ください。